さっぱち日記

北海道マラソン

 

8月25日さっぱちの活動拠点である、札幌で北海道マラソンが開催されました。

今回の北海道マラソンでは、さっぱちサポートスタッフとして、いつも活躍してくれているジェミーちゃんが走るということで、ジェミーちゃん応援断を結成しましたっ

KM7_0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KM7_0211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェミーちゃん応援団はさっぱちにちなんだオレンジのエプロンと、さっぱちデザイナー酒井氏作成の応援パネルで、ジェミーちゃんに見つけてもらいやすい目立つ姿に。

たくさんの人が駆け抜ける中、ジェミーちゃんを見つけるのも一苦労ですが、応援パネルを掲げ、ジェミーちゃんを探します。

KM7_0203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発見っ!!軽快な走りで笑顔で応えてくれたジェミーちゃん。

KM7_0209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして見事完走。北海道マラソンのメダルは北海道美唄市出身の彫刻家安田侃さんの彫刻のデザインです。このメダル、、、すごく素敵です。

KM7_0037 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェミーちゃん、完走した上、24歳以下で19位だったとのこと。素晴らしい成績です。

共に活動するメンバーが完走し、良い成績をおさめたことに応援団もほっこりです。

ジェミーちゃん、ジェミーちゃん応援団のみなさま、おつかれさまでした。

韓国より「BEETLECO」さんが視察に来ました。

 

今回は株式会社ノーザンクロス(2012年までさっぱち事務局)さんにインターン生としてお仕事している大学生の日登さん、本間さんからの寄稿です。

 

8月19日(月)、昆虫と人間が共に暮らす社会を作る取り組みをしている韓国の学生さんが、サッポロ・ミツバチ・プロジェクトの視察に来ました。韓国でもさっぱちのような活動を行いたいようで、さっぱちの説明を熱心に聞いていただき、意見交換をしました。

01

02

 

その後は太陽ビル屋上の養蜂場に移動し、実際にミツバチを間近で見ました。03

 

たくさんのミツバチに驚く韓国の学生さんたち。ここでも質問をしながらじっくりと巣箱を眺めていました。

04

 

女王蜂も運よく見ることが出来ました。この日のミツバチはおだやかでした。

05

06

その後「町村農場大通店」さんへ

「町村農場大通店」さんにはさっぱちの蜂蜜を使ったスイーツを出していただいています。さっぱち&マスカルポーネソフト、さっぱち&チーズドーナツ、どちらもとてもおいしかったです。

07

 

そして「the bar nano.」さんへ

りんごとハチミツのカクテルをいただきました。こちらでも、さっぱちの蜂蜜を使っていただいています。りんごの果肉が入っていて口当たりがよく、ほどよい甘さでした。

08

 

さっぱちの蜂蜜は、身近なところにも広く使われていると、BEETLECOさんたちだけではなく、私達も改めて実感した1日でした。

夏休みもそろそろおわり。

 

8月15日(木)天気はくもり。雨との予報もありましたが、薄い雲がかかっているだけの、気持ちの良い天気となりました。

今日は一般の見学で、小学三年生のけんたくんとそのお母さんが参加してくれました。昨年に続き2度目の参加ということで、わくわくが伝わってきました。

1

まずは城島師匠と黒田さんを中心に、巣箱の確認です。けんたくんも一緒に巣箱の近くまで行き、師匠にミツバチや巣箱について教えてもらいながら、見学します。

2

 

3

本日の採蜜ができるかどうか、その判断を待つ間、ミニ菜園の水撒きをしました。先週は、暑さのためかしんなりと元気がなかった様子でしたが、今日は水を撒く前からイキイキとしていました。

4

ミツバチたちの活躍により、受粉が見事に成功し実を結んだ野菜たち。その中でもなすびが随分と大きくなっていました。収穫まであと少しです(にやり)

5

さて、巣箱を確認した結果、本日は残念ながら採蜜はできないとの判断が下されました。やはり秋に向けて街中の花がどんどん減っている今、ミツバチたちも蜜を集めるのが大変な様子。巣箱の蜜もまだまだ熟成には至っておらず、今回の採蜜は見送って様子を見ることになりました。

6

1つ1つ巣箱を確認しながら、師匠が丁寧にミツバチについてのお話を教えてくれます。今回は残念なことに採蜜体験はできませんでしたが、その分いろいろなお話が聞けて有意義な時間となりました。

7

巣箱チェックも終了し、ひと段落したところで、本日は差し入れして頂いたミニトマトのハチミツ漬をみんなで試食しました!丁寧に湯むきされたミニトマトにさっぱちのハチミツがとてもよく合っていて、甘すぎないさわやかなおいしさが暑さで疲れたみんなの心を癒しました。

8

今回はけんたくんとお母さんに参加して頂き、楽しそうな姿や積極的な姿が印象的でした。普段の生活ではなかなか体験できないことが、さっぱちにはあふれています。私自身もまだまださっぱち初心者ですが、これからもたくさんのお子様に体験してもらえたらいいなあと、けんたくんの楽しそうな笑顔を見て思ったのでした。

9

 

採蜜もいよいよ後半戦へ

 

8月8日(木)、天気くもり。気温28度。暑い日が続いています。

わたしは今日で、採蜜体験4回目。まだまだ、あまちゃんです。

参加者の皆さんのほとんどは、もうベテランさん。

01

 

太陽ビルの屋上で栽培している、ミニ菜園の野菜たちも随分大きくなっていました!

暑さでシンナリしちゃってましたが、水やりをしたところ、私たちが帰るころにはイキイキ。見てみると、ナスやミニトマトが小さな実をつけていました!来週には収穫できるかな。この野菜の受粉も、ミツバチたちがせっせと行っていたかと思うと、愛おしく感じます。野菜もきっと美味しいはず!

02

 

03

 

さてさて、本日の採蜜は、もしかしたらあまり蜜が作られていないのではということから、ベテランの城島師匠や理事長の黒田さん達の巣箱の確認からスタート。

5月から7月頃は、札幌のまち中にもライラックやニセアカシア、ラベンダーなど色とりどりのお花がたくさん咲きますが8月は咲いているお花が少なくなってしまうため、ハチミツ量がなかなか増えない時期なんだそうです。心なしかミツバチたちもお腹が空いているのか元気がなさそう。

04

 

確認後、本日は採蜜ができるとのこと!

女性陣も「よし来タッ!」ばかりに準備を始めます。

遠心分離器も動き出します。

今日の蜜もいい香り。

05

 

 

今日は、遠心分離機のまわりにいつもよりミツバチが多く集まってきているように感じました。

聞いてみると、蜜が少なくなってくるこの時期あたりから、ハチたちが蜜を求め、普段は寄ってこない遠心分離機のまわりに集まってくるそうです。こういった風景が見られると、採蜜の終わりも近づいていると感じるそうです。

その話を聞きながら、ミツバチとさっぱちメンバーに会えるのも、今年はあと少しなんだなぁと、なんだか少し寂しさを感じました。

採蜜が終わった後、佐藤さん特製!紫蘇かき氷を屋上でいただきました!(もちろん、ハチミツ入り)紫蘇ってあまり飲まないのですが、ハチミツを入れることによって優しい甘さになり、とても美味しかったです。

ごちそう様でした!!

06

 

ミツバチがつくる、ハチミツ。

こんな大都会札幌で、毎日せっせとミツバチたちがハチミツをつくっている。

札幌は、自然豊かだなって普段何気なく感じているけど、こんな風に形になっていくハチミツを見ていると札幌がますます、好きになります。

 

ミツバチは、花から花へ。

さっぱちの活動は、人から人へ移っていけたら、札幌のまちなかにもっとたくさんの笑顔と緑が集まるんじゃないかなと、ハチたちを見ながら感じました。

採蜜もいよいよ後半戦です!

8月26日からホテルオークラ札幌さんで「さっぱちロール」が販売されます。

 

昨年に引続き、ホテルオークラ札幌さんにて「さっぱちロール」が販売されます。

ホテルオークラ札幌さんからの商品説明の説明です。
「今年の「さっぱちロール」は蜂蜜のゼリーの他、レモンピール入りのゼリーも新たに加え、ふんわりとしたスポンジにたっぷりのクリームで包みました。甘みと酸味がマッチした味わいが楽しめます。」

美味しそう。。。

さっぱちロール

 

またホテルオークラ札幌さんでは、「ミドルマルガリータ」「フローズンダイキリ」「ジン デイジー」「クリスタルハーモニー」の4種類のカクテルが楽しめる「さっぱち蜂蜜カクテルフェア」も開催中ですっ!

bar

 

「さっぱちロール」
期  間:8月26日~10月31日
会  場:1階ラウンジ プレシャス
営業時間:10:00~20:00
料  金:380円

「さっぱち蜂蜜カクテルフェア」
期  間:8月31日まで
会  場:1階 バーオークラ
営業時間:17:00~25:00
料 金 :1,050円※サービス料別

ホテルオークラ札幌
住所:札幌市中央区南1条西5丁目