レポート

パートナー会員さんのミーティングを開催しました。


サッポロ・ミツバチ・プロジェクトの2012年度のパートナー会員さん。
さっぱちと一緒に、さっぱちのハチミツをつかって商品開発をしてくださっています。

11月のある日、参加可能なパートナー会員のみなさまにお集まりいただき、
簡単なミツバチや蜂蜜についての勉強会とともに、
蜂蜜テイスティング、イベント等についての意見交換などをおこないました。




今年度後半のさっぱちの活動の方向付けの参考となる貴重なお話をいろいろとうかがいました。

最後に、記念撮影をさせていただきました。

8/6(月)大通子どもワークショップを行いました。


2012年8/6(月)、夏休み恒例の大通の子ども会合同のワークショップを行いました。
前の日から朝まで雨が降り続いていた札幌。天気予報と空模様を何度も見比べつつ、予定通りの開催しました。子どもたちの日頃の行いが良いせいでしょうか、雨に降られることもなく、ミツバチ観察や採蜜体験に積極的に参加してくれました。この日はどの巣板も「蜜ふた」がびっしりで、参加者には、切り取った蜜ふたをたっぷり味わっていただくことができました。
その後、OYOYOへ移動して、「ミツバチクイズ」やハチミツのテイスティングをして、夏休みの恒例イベントは無事終了しました。

「蜜ふた」を切っているところ。

参加者に「蜜ふた」を食べてもらう。
続きを読む… »

2/26(日)「あなたのまちと、ミツバチと。さっぱちアイディアラボ」フォトレポ


2日間にわたる銀座ミツバチプロジェクトとの連携イベント
「ミツバチがつなぐ地域とわたしたち」
。2日目の「あなたのまちと、ミツバチと。さっぱちアイディアラボ」を写真でレポートします。

会場は、1日目とは雰囲気ががらりと変わり、地下鉄「大通」駅からすぐの札幌駅前通地下歩行空間。「大通ビッセ」の入り口近くです。この空間、昨年3月にオープンしてからというもの、特に冬の寒い時期の札幌市民にとってありがたい存在。多くの人が往来していました。

「アイディアラボ」という言葉のとおり、様々な立場のみなさんのアイディアを出し合う場、という設定です。 続きを読む… »

2/25(土)「銀座に学び、さっぱちらしいこれからの歩みを考えるフォーラム」フォトレポ

サッポロ・ミツバチ・プロジェクト
2日間にわたる銀座ミツバチプロジェクトとの連携イベント
「ミツバチがつなぐ地域とわたしたち」

お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。
そして、こういう機会をつくってくださった銀座ミツバチプロジェクトのみなさん、
タイガの森フォーラムのみなさん、ありがとうございました!

まずは、1日目の「銀座に学び、さっぱちらしいこれからの歩みを考えるフォーラム」
を写真で振り返ってみます。

会場は、「2011年度さっぱちブランドづくり会員」でもある、ホテルオークラ札幌。
今年たくさんのさっぱちスイーツを商品化してくださってます。

電車通りに面した、このホテル。

こんな場所で私たちがいいんだろうか、というくらい
ゴージャスな会場です。
ホテルオークラ札幌

こちらは、開会の挨拶をする黒田代表。

最初は、さっぱちのこれまでの活動を振り返りました。

話をする酒井事務局長。

続いて、銀座ミツバチプロジェクトが活動紹介をしてくださいました。

副理事長の田中淳夫さん。
話にぐいぐい引き込まれました。

田中さんのお話の中にも出てきた、銀ぱちが養蜂支援をしている
ロシア極東の先住少数民族ウデヘが暮らすタイガの森を映画にした、
タイガの森フォーラムの野口栄一郎さんが
「タイガからのメッセージ」予告編を上映し、
映画の紹介をしてくださいました。

パネルディスカッションでは、田中さんに加え、
さっぱちブランドづくり会員である町村農場代表の町村均さん、
the bar nano.代表の富田健一さん、
そして、われらが実行委員の多久島和子が登壇。


会場のみなさんからも、さっぱちの活動についてのアイディアやご意見をいただいて、
パネルディスカッションの中でも話題にさせていただきました。

これは、翌日の「アイディアラボ」でも貼り出して、みなさんに見てもらいました。

最後に、銀座ミツバチプロジェクトの永井聡理事にお話をいただき、
この日はお開きに。

さっぱちにとって、認識を新たにすることや
気づかされることが盛沢山のフォーラムになりました。

なお、ご来場のみなさんには、サプライズプレゼントとして、
「みつばちカフェ」開催中のカフェ&スペースクンカクンカさん特製の
蜂蜜クッキーを差し上げました。


(写真/伊田)

7/9(土)さっぱちワークショップを開催しました


実際にさっぱちの活動を「体験」していただき、ミツバチのこと、蜂みつのこと、そしてさっぱちのことを知っていただく「さっぱちワークショップ」を、7/9(土)開催しました。今年は、賛助会員制度とワークショップ参加資格を分けたので、さっぱち会員さんではない一般の方にも多く来ていただきました。

開催日時:2011.7/9(土)
場所:OYOYOまち×アートセンターさっぽろ→太陽ビル屋上(さっぱちガーデン)
開催概要はこちら 続きを読む… »

6/16(金)さっぱちCLUBブランドづくり会員説明会を開催しました


今年度のさっぱちCLUBブランドづくり会員説明会を6月17日(金)開催しました。
ご希望各社のご担当が出席、実行委員会が今年度の活動方針とブランドづくり会員の内容についてご説明した後、昨年度参加された方々からのご感想やご意見をお聞きしました。今年度の活動の参考になるお話を多くいただきました。
今年採れた蜂みつの試食もしていただきました。

続きを読む… »

5/31(火)ボランティアスタッフ説明会を行いました

本日、ボランティアスタッフの説明会を行いました。
おかげさまで、13名の申込みがあり
うち10名の方が説明会に参加されました。 続きを読む… »

8/21第3回ワークショップ:感謝祭!

本日、第3回ワークショップ「さっぱち感謝祭」を開催しました!
今回は、 ミツバチと自然の恵みに感謝し
これまで採れたハチミツと菜園プランターで育った野菜を
思う存分楽しむというシンプルな内容。
参加者はサポーターさんだけで60名程度。
この手のワークショップでこの出席率はすごいです。
皆さん、ありがとうございます。 続きを読む… »

子ども体験会開催


本日は、地域の3青少年育成委員会と大通子ども会との共催で、子どもたちにミツバチをみてもらい、採蜜を体験してもらうイベントを開催しました。本当は昨日の予定だったのですが、あいにくの天候のため、本日に順延。実にいい天気の中、小学1年から中学2年までの12名の子どもたちと、保護者や関係者数名が「さっぱち基地」である太陽ビル屋上に集合。さっそく体を紙でできたツナギで、頭と顔を面布で保護してもらいました。

しかし、本日の天候と気温、そしてこの保護によって、何人かの子どもたちが開始わずか数分でグッタリ! 最近の報道でいやというほど熱中症の恐ろしさを感じさせられていたので、大人たちはドッキリ!となりました。幸いにも大事に至らずに回復しましたが、いささか冷や汗をかきました。

それでも元気な子どもたちは初めてのミツバチとの対面に興味津々の様子。巣箱をじっとのぞきこむ子や、少し腰を引きつつもがんばって後ろからでも覗き込もうとする子など様々な反応ながら楽しんでくれたようです。

ただ、すでにハチの採蜜活動もシーズン終盤に入っているようで、いつもほどの量が入っていなくて残念。それでも、一通りの作業が終わった後に、太陽グループが「ばんけいスキー場」のロッジで出している、さっぱちハチミツを使用した「レモンスカッシュ」をご提供いただき、大満足。これは本当においしい! ロッジで「ハチミツレモンスカッシュ」として280円で楽しめます。ぜひ一度ご賞味ください。

そんなこんなの1時間半。今日のハチミツは渡せませんでしたが、以前に採った「さっぱちハチミツ」をお土産にお渡しして終了。札幌という大都会の、その中心部で育つ子どもたちに、小さな思い出がもし提供できたなら、このプロジェクトの大きな財産になったのではないかと密かに満足した1日となりました。


「大通こども会夏休みミツバチ体験」
主催:大通地区青少年育成委員会、中央地区青少年育成委員会、本府地区青少年育成委員会、大通子ども会
協力・後援:サッポロ・ミツバチ・プロジェクト実行委員会事務局 株式会社ノーザンクロス

7/24(土)第2回ワークショップを開催しました!

今回のワークショップのテーマは「『みつろう』を使ってキャンドルづくりをしてみよう」。みつろうを使ったキャンドルづくり体験と、さっぱちのハチミツを使った石鹸の開発に取り組んでいる「北海道純馬油本舗」さんによる開発中の石鹸の体験がメインでした。
続きを読む… »

5/12(水)「ミツバチレクチャー」(銀座ミツバチプロジェクトの田中淳夫さんを迎えて)開催レポート(1)

5月とは思えない寒さの2010年5月12日(水)、銀ぱち(NPO法人銀座ミツバチプロジェクト)の田中淳夫さんを迎えて、レクチャーを開催しました。
サッポロ・ミツバチ・プロジェクト(以下、さっぱち)のそもそもの始まりは、事務局の酒井が銀ぱちの活動を知ったこと。以来、立ち上げに向けて相談に乗ってくださり、この日はわざわざ関係者へのレクチャーのために来札してくれました。


さっぱちレクチャー~銀座ミツバチプロジェクトの田中淳夫さんを迎えて
【日時】2010年5月12日(水)15:00-17:00
【場所】OYOYOまち×アートセンターさっぽろ(札幌市中央区南1条西6丁目第2三谷ビル6階)
【講師】NPO法人銀座ミツバチプロジェクト 副理事長 田中淳夫氏
【参加者】一般市民、報道関係者、事務局


「ミツバチというのは環境指標動物ということもあり、札幌のまちをよくしていくつながりを作っていけるのではないかと思います」と、黒田委員長から最初にあいさつがありました。
今回のレクチャーは、いち会社が進めるプロジェクトというのでなく、いろんなかたに活発に参加していただきたいと思って開催したという趣旨をまずは簡単に説明。

ところで、この日は田中さんに来ていただきましたが、「銀ぱち」の愛称で知られる銀座ミツバチプロジェクトの活動を、ニュースなどの番組で知っている人も多いのではないでしょうか。銀ぱちでは、2006年3月に銀座のビル屋上でミツバチを飼い始めてからというもの、田中さんも把握しきれないほどのメディアに取り上げられています。そうした中で、街でミツバチを飼う魅力にとりつかれたひとりが、「さっぱち」の事務局、酒井です。

サッポロ・ミツバチ・プロジェクトのこと(事務局:酒井)

「さっぱち」の発端はカラス

「札幌都心でミツバチを飼いたい」。
その、そもそもの発端は、札幌都心部のカラスの問題をどうにかしなければという中で、カラスの撃退効果としてミツバチが良いようだという報道などから、田中さんに相談を持ちかけたことから始まっています。その際、銀座でやっていることはカラスだけじゃない、もっと大人に楽しんで、地域再生とかまちづくりといった取組からミツバチを取り上げていったらどうだろうということを言われ、これは札幌でもなんとかやりたいと考えたのが昨年のこと。
そして昨年11月、太陽北海道地域づくり財団の助成金に応募し、平成22年度の助成対象に選んでいただき後押しをしていただき、このプロジェクトを立ち上げることになりました。

環境教育、食育、商品展開・・いろいろな人が関わるプロジェクトに。

私たちは、ミツバチを都心で飼育することを通して、いろいろな形につなげていきたいと思います。その場を環境教育だとか、また蜂蜜は栄養価の高い食べ物でもあるので、子どもたちの食育の場づくりもしたい。さらに、できれば、採れた蜂蜜をつかって地元の洋菓子店をしているかたとか、いろいろな方と協力して製品開発をしていくことで、少しでも札幌のまちのブランドとして展開していけたらいいなと思っています。
また、ミツバチの蜜源としての花、緑をもっと札幌の街の中に増やしていくことも、ミツバチの活動の場でもあるし、ひいては都市環境に貢献する小さな緑をつないでいくということなどを思い描いています。
そういう活動の中には、いろんな市民のかた、養蜂家のかたとか、地元の小学校の体験学習の場であるとか、いろんなかたが関わり、人のつながりに展開していきつつ、先ほどのカラス対策というのも付加的に現れるかもしれません。

本日のミツバチレクチャーでキックオフの場を持ち、このあと目標としては、5月末くらいにミツバチの巣箱を設置し、6~8月と月一度ずつ蜂蜜が採れる時期にはより多くの方に蜂蜜を採る体験をしていただくワークショップを開いたり、秋口には商品を開発したり、蜂蜜カフェをどこかに開いたりとか、そういうこのを展開していけたらと思っています。
もちろん、関わり方はこれだけではないと思います。日々、ボランティア的に関わっていただける方がいれば、われわれ事務局をサポートしていただく仕組みもあると思いますので広げていきたいなと思います。

巣箱設置は、都心のど真ん中「パーラー太陽」屋上。

巣箱を設置する場所を先ほど田中さんにも見ていただいて、問題ないと言っていただきました。4丁目プラザの隣りに、パチンコのパーラー太陽さんがあります。この屋上が9階くらいの高さになります。以前、ここはスパだった場所で、高いフェンスで囲ってあり緑も植えられていて、場所としても申し分ないので、ここをお借りしたいと思います。
小さいスペースでも実のなる緑を育てることができるので、たとえば巣箱の周りであるとか、そのほか、いろいろなビルの屋上で実りの楽しみ、育ての楽しみをつくる場も作りたいなと思います。

開かれたプロジェクトにしていきたい。

このプロジェクトは、実行委員会という形でいろいろな分野の方に興味を持ってもらい名前を連ねていただいていますが、閉じたものではなく、いろいろな市民のかた、専門家のかたや職人のかたなどに関わっていただけるプラットホームになればいいなと思っていますのでそういう組織体制になっています。

サッポロ・ミツバチ・プロジェクトを「さっぱち」と略称で呼んでいます。これも銀ぱちの真似ですけど(笑)、「さっぱちサポーター」というのを募集してワークショップに参加する方を増やしていきたいと思います。個人でも法人、ブランドづくりと3種類のサポーターがあります。ぜひ、この日来ていただいたみなさんを中心に、周りのかたに声をかけて輪を広げてほしいと呼びかけました。

(続きます)